今年1月の箱根駅伝で駒澤大学のアンカーだった石川拓慎選手(21)。終盤の大逆転で総合優勝に導いたヒーローとして注目されたが、2021年5月19日に逮捕された。容疑は17歳の少女とみだらな行為をしたというもの。「県青少年保護育成条例違反」に抵触した。普通の交際だったようにも見え、ネット上では「ここまでするのか!」と話題になっている。

マッチングアプリの登録は18歳以上

駅伝のヒーローだったこともあり、多くのテレビや新聞などのメディアが石川選手の動画、写真を使ってセンセーショナルに報じている。ただし今回の「事件」は、相手の女性が17歳だった、ということのようだ。

報道によれば2人は昨年10月にマッチングアプリで知り合った。一般的にマッチングアプリは18歳以上でなければ登録できない。石川選手は「18歳だと思っていた」と供述しているという。Hは複数回あり、今年1月7日に都内のホテルでHしたことが逮捕に繋がった。金銭の授受はなかったという。少女は石川選手がマラソンランナーだということを後で知った。この事件で駒沢大陸上部の寮が家宅捜索された。

ではどうしてホテルに行ってHしたことが警察にバレてしまうのか。

陰謀論「創価大学のハニトラ」?

バレる原因としては、少女が家に帰らないため親が捜索願を出したことや、親が交際を認めなかったこと。マッチングアプリの履歴を警察が追ったこと。女性をデリバリーする組織があり、そこが摘発されたこと。少女がパパ活常習者で警察に目を付けられていたこと、などがある。が、石川選手の場合は複数回会っていて、金銭の授受もないことから、単純にマッチングアプリで知り合った「大学生と女子高生のお付き合い」というように映る。今回の事件によって石川選手の選手生命が絶たれることや、就職の内定が取り消されること、駒澤大学の八木弘明監督(62)の処分などを心配する記事が出ている。ネットでは、

「世間一般、普通に21歳と17歳のカップルなんて沢山いるよね? 」

「21と17じゃ、同年代じゃねーか。近い年の場合はセーフにしようぜ」

「陰謀論好きが湧いてきそう 創価のハニトラだーとかw」

「いや、これマジじゃない?そうかならやりそうだし。相当悔しかったと思うよ」

といったコメントも出ている。

 

(リンク)

選手名鑑「石川拓慎 駒沢大学 箱根駅伝2021」

https://www.yomiuri.co.jp/hakone-ekiden/2021/team/8/5/

 

駒澤大学公式HP

https://www.komazawa-u.ac.jp/