1分間の格闘技大会「Breaking Down」の第五回大会が2022年7月17日に開催され、メインイベントはモハン・ドラゴン選手(45)と啓之輔選手(39)のウェルター級 74Kg以下で行われた。啓之輔選手の判定勝利となったものの、モハン選手は第4回大会のような殺気と、勝利に懸ける気迫が無かった。立ち技格闘技K-1のレジェンド、ピーター・アーツさん(51)が出場しなかったせいなのか。

ピーターさん「1戦増えるのは問題がない」

K-1出身のモハン選手と、著名な地下総合格闘技大会「アウトサイダー」元王者の啓之輔選手が、キックボクシングルールで戦った。現役のキックボクシングBigbangウェルター級王者であるモハン選手が有利なはず。しかし、第4回大会と比べ表情は暗く、殺気に欠けていた。第4回大会はモハン選手が強すぎることで対戦相手がなかなか決まらなかった。その反動でか今回の大会は対戦希望者が多数現れ、モハン選手は誰を選ぶかに悩んだ。そこに現れたのがピーター・アーツさん。選手選抜オーディション会場のその場で、アーツさんと戦いたい人を募った。この流れでいけば、17日の本戦にピーターさんが出場する、と誰もが予想する。ピーターさんも、面白い試合なら出てもいい、

「ずっと戦ってきているから、1戦増えるのは問題がない」

と語った。

対戦相手がシバタ―なら運営に怒り

モハン選手は本選の前日の16日の記者会見で、なぜか悲しそうな表情を浮かべていた。「誰がピーターさんと戦うのか?」というもの。自分ではないし、それで啓之輔選手と戦うことになった、と言わんばかりだった。ピーターさんの相手はYouTuberのシバター(36)か?、K-1レジェンドの魔裟斗さん(43)か?とし、もしシバターなら運営に対し怒りを覚える、とした。ピーターさんが登場したオーディション会場で、ピーターさんと戦いたいと多くの出場者が手を挙げた。自分も、

「お爺ちゃんのニワトリが来た。食べたい」

と思った。しかし手を挙げなかった。それは自分に人気が無いから。

他団体の王者では、俺には勝てない

「Breaking Down」出場者は人気者になってYouTubeチャンネルの登録者数を大幅に伸ばしている。しかし自分のは全然伸びない。それで手を挙げることに怯んだ。そして、

「ピーターさんと誰が戦うのかは分からないが、その勝者と私を戦わせてほしい」

と訴えた。

本選でモハン選手は判定で敗れた。勝利した啓之輔選手はリングでマイクを握り、こう語った。

「他団体のプロのチャンピオンとかじゃぁ、俺には勝てないです。俺はアウトサイダーの元チャンピオンです。アウトサイダー嘗めんな!!ネクストファイト、ピーター・アーツ、俺とやろうぜ!Breaking Down最高!!!」

本大会にはピーターさんは出場しなかった。

 

(関連記事)

【Breaking Down】朝倉未来選手のベストバウト 山川そうきVS咲人戦 「本当のケンカだったから」

https://nnjnews.net/?p=7986

【Breaking Down】朝倉海選手「金玉ニキ誕生」動画をアップ 「こめお=キンタマ」となった髪を刈る

https://nnjnews.net/?p=7973

YouTube「久保田覚のチャレンジ」が閉鎖 ジープを売って始めるアパレルの収益もピンハネされる

https://nnjnews.net/?p=7598

「BreakingDown」会見で乱闘相次ぐ 久保田覚さん「丸くなった」で暴走 のど輪、髪毟り、○す!!!

https://nnjnews.net/?p=7969

(リンク)

朝倉未来チャンネル「オーディション会場にピーターさんが登場」

https://www.youtube.com/watch?v=1iMCy_i_ObM

朝倉未来チャンネル「BreakingDown5前日記者会見」

https://www.youtube.com/watch?v=2AEmjtszCm4&t=3479s