歌手のGACKさん(47)が飼い始めて5カ月の愛犬を里親に出し、それについて「人間として信じられない」と大炎上している問題で、GACKTさんは2021年2月14日夜に投稿動画サイト「ニコニコ動画」に生出演し状況を説明した。

どんな釈明をするのかと注目されたが、炎上している理由は「経緯も知らずにただ文句が言いたい人が来ているだけ」であり、「ケンカを売りたいなら、買ってやるから来いや!!」と吠えた。

 

飼い始めて5カ月の愛犬「フェンディ」を大阪へ

 

大炎上したのはGACKTさんのYouTubeチャンネル「GACKTちゃんねる」に10日アップした動画「GACKTが愛犬を里子に出しました」。飼い始めてから5カ月という愛犬「フェンディ」を大阪に連れて行き、GACKTさんのポーカーの師匠でプロポーカープレイヤーの土川鉄也さんの奥さんに渡す、という内容。奥さんは愛犬を亡くしたことで酷いペットロスにかかり、毎日泣き暮らしていて「先に進めない」状態。GACKTさんは、また犬を飼えば立ち直れるのではないか、と進言するも奥さんはそれを拒んだという。それならば自分の愛犬「フェンディ」を里親に出すから、

「GACKTに無理やり押し付けられた、という形で納得させるのはどうか」

と師匠の土川さんに申し出て、大阪の土川さん宅に行き、「フェンディ」を置いて帰る、という動画になっている。

 

経緯も内情も知らない奴らが攻撃してきた

 

この動画は大炎上し、2月15日現在で36万回以上再生され、「グッド」ボタンが6923回、「バッド」ボタンは2万7000回押され批判が殺到、コメント欄は閉じられた。

GACKTさんは14日夜「ニコニコ生放送」の番組「GACKTと一緒に家呑み!!第40回」に登場。冒頭からこの大炎上問題に触れた。

どんな釈明になるのか期待されたが、開き直り、逆切れに見えた。大炎上については、

「今回の出来事は概要だけ見て、師匠とのやり取りも、内情も、これまでの経緯も何も知らないで(批判をしてくる)、あ~あっていう話じゃん」

と前置き。GACKTさんの元に、自分の子供を人にやるのか、犬は物か、保護犬を引き取ってそれを渡そうとしないのかという「訳の分からないメッセージが来た」と大笑いした。色んな動物愛護の人たちも動画に来て「死ね!」というメッセージを残した、という。

 

言いたいことは分かるが、ひとんちの庭で騒ぐな!

 

GACKTさんは、愛犬と別れるのは辛いが、自分がお世話になっている人が苦しんでいる姿を見ることはできない。自分も自分なりの考え方があって、師匠のご家族が幸せになってもらえるようにできることをやった。それは自分のエゴである。自分をネット上で「攻撃」してきた人たちもその人なりの考え方があって、エゴがある。人にはそれぞれの考え方がありエゴがあり、それは自分が正しいとか、相手が間違っているとか言えるものではない、としたうえで、

「それぞれのエゴでみんな言いたいことは分かるけど、ひとんちの庭で騒ぐな!と」

と語った。最近の傾向はとにかく炎上している所に乗っかって来て文句を言ったり、とりあえず攻撃したりする。そうするのが目的化している、とし、

「ケンカ売りたいなら、買ってやるから来いや!!」

「どんどんかかって来いや!!」

と吠えて大爆笑していた。

(リンク)

「GACKTと一緒に家呑み!!第40回」(ニコニコ生放送)

https://live.nicovideo.jp/watch/lv330440404