ジャーナリストでYouTuberの篠原常一郎さん(61)が2021年10月6日、東京地検に眞子内親王殿下(29)の結婚相手、小室圭氏(30)の母親の小室佳代さん(55)を詐欺罪で告発した、と自身のYouTubeチャンネルで発表した。

篠原さんは「厳重に処罰されたい」と申し出て、告発状はその日のうちに特捜部に渡す事が約束されたという。そして、10月26日の婚姻届けと記者会見に「この告発が無関係に進むということは無い」とした。

遺族年金、病床手当不正受給が大きな問題

篠原さんの告発は刑法146条1項の「詐欺罪」。合計2000万円と言われる佳代さんの遺族年金不正受給疑惑、病気で休職し保険金の傷病手当てを貰いながら他の職場で働いていた保険金搾取疑惑、この2つを大きな問題とした。参考資料として、社会保険労務士が計算した「遺族年金計算表」、「週刊文春」2021年4月29日号、「週刊新潮」同5月号、「週刊女性プライム」同6月2日号を添えた。10月6日の午後10時30分頃から自身のYouTubeチャンネルでライブを行い、提出した告発状を元に佳代さんがいかに疑惑に塗れているかを語った。

「ありがとう」「感謝します」がコメント欄に並ぶ

地検で「厳重に処罰されたい」と申し出て告発内容を説明した後に、担当者は「本日中に特捜部に渡します」と言ったという。早々に動いてくれそうな感触ではあったが、現在は「預かり」状態で「受理」はされていない。「受理」されれば捜査が始まるが、それが3か月後、という可能性もある。今回の告発は社会的影響力と金額が大きい。きちんとした資料を取り揃えているため、捜査が行われないということは無いが、もしそうならないとすれば、

「望まない忖度が起きているのかな、という疑いも出る」

と語った。一方で、告発した事実は残るため、

「26日に記者会見と婚姻届けを出す。この事と告発が無関係に進むということは無い」

とした。篠原さんのYouTubeチャンネルには、

「篠原さんのご努力がどれだけ日本国を守っているか計り知れません。本当にご苦労様です。微力ながら応援致します。 心より深く感謝いたします」

「結婚が既定路線でもこのような告発は皇室を守る事になると思います。勇気を頂きました。ありがとうございます」

「政府も知らぬ存ぜぬ マスコミ報道もシャットアウト 国民総PTSDになりそうなくらいストレスは頂点に達しています。本当に篠原様ありがとうございました」

といった感謝の言葉ばかりが並んでいる。

 

(リンク)

古是三春_篠原常一郎YouTubeチャンネル

「KK母への告発状提出してきました」

https://www.youtube.com/watch?v=66BbkZtvoxs&t=186s

「東京地検に告発状提出してきました。告発状の解説します」

https://www.youtube.com/watch?v=7hsQE4QkLbM