ロックシンガーのダイアモンド☆ユカイさん(59)が、自分が搭乗する時間に遅れたにも関わらず「ANA伊丹空港」のスタッフを批判するtweetを投稿し批判を浴びたことについて、2022年1月9日、ブログで直筆の謝罪文を公開した。

ところが、ユカイさんは7日にブログで謝罪し、謝る相手が違うと「謝罪に失敗」している。今回の謝罪もポーズだけではないか、との感想がネットに出ている。

「遅れたあなたが悪いんです。反省しなさい」

事の発端は2022年1月7日、子供の面倒を見ているうちに、10分前の搭乗時刻に少し遅れてしまった。大慌てで搭乗しようとしているところに、空港スタッフから催促が来た。

「CAが急いでいるのはわかるが早くしろと捲し立てる。こっちも頑張って急いでいるんだよ」

そして、

「挙句は俺の券を奪い取るようにやり出した。ちょっとやり過ぎだろ!!」

「まあ兎も角子供達もいるしグッと堪える。搭乗には気をつけよう!!」

と結んだ。これに対しネット上で「逆ギレは最低」「なんで上から目線なんだ?」などと批判が起きた。Twitterは炎上必至だったが、危険を察したのかすぐに当該tweetを削除した。tweetは削除してもユカイさんへの大批判がネット上で展開された。ユカイさんは7日ブログで、別居中の奥さんとのやり取りを紹介した。ネットニュースを見た奥さんは、

「遅れたあなたが悪いんです。反省しなさい。世間様にご迷惑をお掛けする事無いように生きて下さい。お願い致します。」

と言ってきた。ユカイさんは

「はい。遅れてすみませんでした。以後、気を付けます。」

と書いた。すると奥さんからLINEが来て、航空業界で働く人々を描いた映画「ハッピーフライト」を見て感想文を提出するようにとあった。ユカイさんは、

「はい…。」

と書いてブログを終了した。これがユカイさん批判をさらに加速させた。

謝罪の相手は空港のスタッフなのに、、、

というのもふざけた感が出ていて、結局は自分は悪くないと思っている。謝罪したのは奥さんに対してであり、「ANA伊丹空港」スタッフに対するものではなく、今回は時間に遅れたことだけが問題ではない、との理由からだ。

そして9日に再び謝罪をする。今回は手書きのものをブログにアップし、

「もうすぐ還暦を迎える私ですが、もう一度、初心に戻り、猛省しながら真摯に生きて参ります。繰り返しとなりますが、皆様に多大なるご迷惑をお掛けした事を、謹んでお詫び申し上げます」

と謝罪した。ネット上では謝罪したのは偉いことであり、きちんとした謝罪文だ。失敗なんて誰にでもあるしこれからも応援していきたい、といったコメントもあるのだが、これまでの一連の経緯から、火消しをするために表面上で謝っているに過ぎず、しかも文章の内容はユカイさんが考えたものではないようだ。そして謝罪の相手は空港のスタッフなのに、単にブログにアップしただけではその人たちに届かないのではないか、とし、

「この人、迷走してるなぁ」

「子供ダシににして航空会社に逆切れ。奥さんダシにして炎上鎮めようとしたり、奥さんに謝ったり」

「『遅れたこと』よりもその話をツイッターで発信したことも反省するべきじゃ?」

「この年でこれなら反省なんてしてないだろ」

などといったことが掲示板に書き込まれている。

(関連記事)

ダイアモンド☆ユカイ搭乗に遅刻し空港スタッフに逆ギレ ツイート削除し逃亡も ネットで大批判

https://nnjnews.net/?p=5916

(リンク)

ダイアモンド☆ユカイオフィシャルブログ「お詫び」

https://ameblo.jp/diamondyukai/entry-12720273057.html?frm_src=thumb_module