久保田覚さん(26)が2022年7月4日にYouTubeチャンネルを更新、顔から血を流し上半身血まみれの写真をTwitterにアップした経緯について語った。

東京新宿歌舞伎町の飲食店で友人と2人で酒を飲み食事をしていた時、「自分は全く知らない、友人の知り合いみたいな人」に挨拶をすることになった。挨拶をしたらいきなり1発、2発と殴られた。その程度なら何もしないのだが、3発、4発、5発と続いたため「巻き込まれたくない」と思い、走ってその場から逃げた。膝蹴りが左瞼の上に当たり切れ、縫うことになった。

「ケンカ自慢に狙われている」と発言

「ケンカじゃないんですよ」と久保田さんは語った。酔っぱらっていたわけでも、生意気なことを言ったという事でもない。挨拶をしたらいきなり殴られ続けた。実は、過去の動画で久保田さんは、「ケンカ自慢に狙われている」ようなことを口にしている。

というのも、久保田さんを人気者にした昨年11月20日のABEMATV企画「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」。この時のキャッチフレーズが「会津伝説のケンカ屋」。過去の逮捕歴10回は全て傷害、喧嘩で相手の目を木の枝で刺した、など、狂暴凶悪なプロフィールで纏い、目付きも相当イッていた。ただ、未来選手に簡単にKOされたため、「本当に強いのか?」という疑惑と共に、人気者になった久保田さんをケンカで負かして名を上げたい、というケンカ自慢が現れることになった。

アウトロー時代のやり方はもう通せない

「やられた日の朝に、病院で診断書を取って被害届を(警察に)出した。(自分にケンカを吹っ掛けようとする人たちへの)いい見せしめ、きっかけになる。後悔して欲しい」

自分は今でもテレビやYouTubeでアウトローキャラを演じているけれども、昔と今では考え方や置かれている状況が違っている。未来選手や、青汁王子こと三崎優太さんなど色んな人に与えてもらったチャンスを無駄にはしたくない。

「ずっと(アウトロー時代のやり方を)通すなんて、できぇーだっつうのバカ!この」

今後も、いきなり自分に暴力をふるってきた場合は、世の中のルールに従い法的措置を取る。今回の暴力事件に関しては、関係者との話し合いの場を持つことが決まっている。

「それなりの対処は、マジでしてもらう」

 

(関連記事)

朝倉未来選手「井原涼君は虚言壁」 Breaking Downヤラセ騒動 「シナリオやセリフは存在はしない」

https://nnjnews.net/?p=7887

格闘技イベント「Breaking Down」にはシナリオ、構成作家がいる 井原涼さんがYouTubeチャンネルで暴露

https://nnjnews.net/?p=7849

久保田覚さんは元気でした! 「おせーよ山田」こと豊二さんが、Twitterでツーショット写真を公開

https://nnjnews.net/?p=7835

久保田覚さんが暴行を受け血まみれ 「今回自分は一切手をだしていない」「理由もよく分からない」

https://nnjnews.net/?p=7818

YouTube「久保田覚のチャレンジ」が閉鎖 ジープを売って始めるアパレルの収益もピンハネされる

https://nnjnews.net/?p=7598

元KAT-TUNの田中聖が、「会津の喧嘩屋」の挑戦を受ける。ただし格闘技なのかラップかは未定

https://nnjnews.net/?p=5551

(リンク)

YouTubeチャンネル「事件に巻き込まれました」

https://www.youtube.com/watch?v=ktocIyJPHmk